引きこもり脱出塾


引きこもり脱出塾 >> 引きこもり脱出プランは?

引きこもりのコストマネジメントは?






年間コストを計算する

コストを計算しておきましょう。

もし一人暮らしで貯金だけが頼りという場合、無職でどのぐらいもつのかを把握しないといけません。


実家暮らしの場合そこまでシビアではありません。
しかし、コストは家族に負担させているわけです。
どのぐらい迷惑をかけているかは、しっかり自覚しておきましょう。



一人暮らしの場合

コスト計算といっても、今後1年程度の推移をおおまかに把握することが目的です。
すべてが正しい数値でなくても大丈夫です。

エクセルなどで簡単に計算させると便利です。

一人暮らしの場合、以下のように貯金と収入予定と支出予定をまとめます。
貯金や収入から支出を引いた分が赤字になるとその分は稼がないといけません。


上記の場合、年間で80万円ぐらいはたりません。

80万円を1月あたりで割ると、6万7千円です。
時給900円のバイトをいれるとすれば、67時間のシフトが必要です。
1日5時間として、14日程度シフトに入る必要があります。

すると残り半月程度は職探しや資格取得用に勉強する時間にあてられそうです。

エクセルのテンプレートはこちら。
sample1.xlsx


実家暮らしの場合

実家暮らしの場合、家賃や食費は人によってはゼロと考えていることでしょう。

実際には家族が負担しているわけですし、経済的に自立をめざすのであればそのような費用も念頭に置くべきでしょう。



上記の場合、携帯代金だけ払うとすれば貯金だけで十分でしょう。
しかし、家賃や食費の一部を負担するとなれば足りません。

35万円を1月あたりで割ると、約3万円です。
時給900円のバイトをいれるとすれば、33時間のシフトが必要です。
1日3時間として、11日程度シフトに入る必要があります。

このぐらいであればバイトぐらいはやって生活費の足しにしてもいいのではないでしょうか。

エクセルのテンプレートはこちら。
sample2.xlsx

<< メニュー






おすすめ
韓国語練習 単語帳メイカー >>
韓国語の発音を何度も聴いて覚えましょう。
Visit
英語練習 単語帳メイカー >>
英語の発音を何度も聴いて覚えましょう。
Visit
中国語練習 単語帳メイカー >>
中国語の発音を何度も聴いて覚えましょう。
Visit
Twitter
FB
Pocket
はてブ