引きこもり脱出塾


引きこもり脱出塾 >> 引きこもり脱出プランは?

プランの流れは?






プラン作成の流れ

脱出プラン作成の流れです。

大まかには、
(1)ゴールの作成
(2)コストの計算
(3)年間プランの作成
と行いましょう。


まずはゴールを作成しましょう。

次にコストの洗い出しをします。
もし貯金だけでしのぐのであれば、どのぐらい猶予があるか事前に把握しておくことは重要です。
たとえ実家なので金銭の心配不要ということであっても、家族にどれだけの負担を与えているかは把握しておきましょう。

最後に年間のアクションプランをたてます。
したい仕事がわからない場合は仕事のリサーチをします。
やりたい仕事がある場合、どういう資格がいるのかを調べます。

社交面での不安であれば、ボランティアなどで実地訓練をしていくのも手です。



ゴールを作成する

まずはゴールを考えましょう。

「引きこもり」といっても原因や状況が多岐に渡ります。


「学校がつまらない」「いじめで行きたくない」といった不登校の場合、学校に行く・行かないだけで考えると判断しきれません。

なりたい職業があって、そのために大学へ行きたいというのがゴールだとします。

すると「大学受験までは我慢して学校へ通う」とか「通信制の高校にしながら大学受験にむけて頑張る」など、どういう手段をとるか決めやすいと思います。



成年以降で社会人経験もあるような方なら、「経済的に自立」することがゴールとなるでしょう。

もし「人づきあいが苦手」「会社の上司が怖い」という場合、ウーバーイーツのようにほとんど人間関係という手間を省いてお金を稼ぐ方法もあります。

ネットだけで仕事をもらって納品するような方法もあるでしょう。



人づきあいが苦手なことですべてがうまくいかないという場合には「社会に慣れる」ことをゴールとして設定したい人もいるでしょう。

そうであれば、会社のような上下関係でいじめが起きやすい環境よりは、ボランティアで経験を積んでいく方法のほうがいいと思います。


<< メニュー






おすすめ
韓国語練習 単語帳メイカー >>
韓国語の発音を何度も聴いて覚えましょう。
Visit
中国語練習 単語帳メイカー >>
中国語の発音を何度も聴いて覚えましょう。
Visit
英語練習 単語帳メイカー >>
英語の発音を何度も聴いて覚えましょう。
Visit
インドネシア語練習 単語帳メイカー >>
インドネシア語の発音を何度も聴いて覚えましょう。
Visit
Twitter
FB
Pocket
はてブ