引きこもり脱出塾


引きこもり脱出塾 >> 引きこもり脱出のための準備は?

引きこもり脱出、一番最初にすべきは?



スポンサーリンク




スポンサーリンク



うつ病のチェックをする

知らぬ間にうつ病になっていた...なんてこともあるかもしれません。

以下のようなサイトで自分の「うつ病度」をチェックしておきましょう。

もし、思ったよりも深刻度が高い場合には一度お医者さんと相談。早期に解決するようにしましょう。

こちらは医薬品のイーライリリーが提供するサイトなので安心だと思います。
https://utsu.ne.jp/self_check/
20200825100503


体重計を購入する

ストレスで暴飲暴食となりメタボになる場合もあります。

逆に、不安からあまり食べれなくなることもあります。

健康を損なえば、結局ヒキコモリから脱出できないどころか、治療費が発生してかえって大変になります。

自分の気づかないちょっとした変化を把握するには、毎日自分の体重を図っておくといいです。

最近ではブルートゥースに対応し、記録したデータをスマホへ転送してくれる体重計もあります。

僕がかったときは1万円ぐらいでしたが、今では中国製のやすいものもたくさんあります。



体重計 体組成計 体脂肪 高精度 カロリー測定可能 ボディスケール スマートスケール 体重/基礎代謝量/脂肪率/内蔵脂肪/体脂肪率測定可能 Bluetooth対応 iOS/Androidアプリで健康管理
最新価格は以下のおすすめストアで確認ください。

楽天 >>

Amazon >>

Yahoo!ストア >>



人間ドックを受ける

引きこもっていて時間がたっぷりあるときに、人間ドックを受けておくのも手です。

若いうちはそれほどでもないと思いますが、30過ぎぐらいになってきたらそろそろやっておくといいかと思います。


標準的な人間ドックなら4~5万円前後ぐらいで受けられると思います。
ちゃんと調べたわけではありませんが、2月や3月ころは安いプランを出しているところが多い気がします。
人間ドックは会社が社員へ受けさせるケースが多いのですが、この時期はあまり法人利用での検査が少ないためではないかと思います。

近所の人間ドック情報は、以下のようなサイトから調べたり予約することができます。
https://dock.cocokarada.jp/

20200825101414


また、自治体によっては、無料で住民のがん検診を提供している場合や、人間ドックの費用補助をしているケースがあります。

これによっても費用がずいぶん変わってきます。

必ずお住まいの自治体のページをチェックしておきましょう。



チェックシート

□うつ病かどうか調べた
□体重計を用意した
□人間ドック、または健康診断を受診した

<< メニュー




スポンサーリンク




おすすめ
英語練習 単語帳メイカー >>
英語の発音を何度も聴いて覚えましょう。
Visit
韓国語練習 単語帳メイカー >>
韓国語の発音を何度も聴いて覚えましょう。
Visit
インドネシア語練習 単語帳メイカー >>
インドネシア語の発音を何度も聴いて覚えましょう。
Visit
中国語練習 単語帳メイカー >>
中国語の発音を何度も聴いて覚えましょう。
Visit
Twitter
FB
Pocket
はてブ